こなたび〜世界一周準備篇〜

札幌在住29歳。2018年春から世界一周へ行ってきます!準備中の様子や日々のアレコレ。

アゲイン2

だいすきなカップルがいます。

札幌在住、ハイパークリエイティブユニット「アラタマミ」。

 

f:id:konatabi:20170827200342j:plain

f:id:konatabi:20170827200351j:plain

 

右がアラタで、左がマミ。

 

札幌で西野亮廣独演会や大谷ノブ彦独演会、DJダイノジ主催ジャイアンナイトでのパフォーマーなど、色々な企画に挑戦してる。

「こなたび」のヘッダー画像を描いてくれたのは、「アラタマミ」のサイダマミちゃん(@mantama)。イラストレーターとして活動してて、マミちゃんのイラストがだいすき。またちゃんと紹介するね。

 

ふたりを知ったのは2016年の西野亮廣独演会のときで、ちゃんと連絡を取り合うようになってからまだ1年もたってない。でも、ほんとに時間なんて関係ないなあ。わたしが関わらせていただいたイベントも一緒に作り上げてくれて、たのしい未来の話をたくさんして、くだらない話でバカみたく笑って。気付いたらふたりのことがだいすきになってて。「チーム札幌」のメンバーで一緒にいれることが多くなってすごくうれしかった。

 

先日、そんなふたりが主催したイベント「アラタマミフェス2017」。アラタマミがそれぞれのすきなことについて熱く語ったり、弾き語りをしたり。ふたりで考えて、ふたりで出演して、ふたりで準備した大切な場。

 

そんな舞台で、ふたりが演奏してくれた曲が、ゆずの「アゲイン2」。

 

アラタさんはもともとゆずがすきで、他にもゆずの曲をうたってたんだけど、「リクエストではないんだけど、この曲をすごくすきなひとがいて。今回ふたりでどうしてもうたいたかった」って紹介からこの曲をうたってくれた。

 

わたしは前にブログでこの曲がすきって書いてて。

(そのときのブログもしも僕が死んだらどうする?って聞かれたら、年に1回お墓参りに行ってあげると答える - こなたび〜世界一周準備篇〜

 

サラッと書いたんだけど、ふたりがこの曲うたってくれてめちゃくちゃうれしかった。このとき、アゲイン2がすきな理由の詳細は書かなかったんだけど、実は下書きのときは書いてたんだよね。でもなんか消しちゃった。まだ書けないなあっておもって。でもふたりがうたってくれて、ふたりには言いたいなあって。案外普通に笑い話で話せたから、そしたらブログにも書いちゃえ!ってなった。

 

わたしは小学生のときヤンチャで落ち着きがなくて、団体行動もできないしすぐ調子に乗るこどもだった。まわりの子に悪影響だからって、小学校の先生と中学校の先生が相談して、わたしと仲のよかった子たちはクラスを離したらしい。本当なのかはわかんないけど、実際に中学に入るとクラスに知ってるひとがほとんどいなくて、ともだちも全然できなかった。

 

わたしは昔、全然ポジティブでもなくて、ひとみしりで、何をするにも自信がなかった。他のクラスにともだちがいるからいいやって思ってるうちに、クラスではどんどん孤立するし、他のクラスのともだちはクラスに馴染んでいっちゃって。最初に頑張らなかった自分がわるいけど。

 

ともだちできなかったから、休み時間は本を読んでるか、トイレで過ごすか、つくえに突っ伏して寝てるフリしたりして。10分の休憩がめちゃくちゃ長く感じたなあ。中1の1年間、放課後にクラスのともだちと遊んだことなんて1回もなかった。誘ってももらえないし、自分から誘うこともできなくて。

 

それって結構つらくて、いじめられてるわけでも、積極的に無視されてるわけでもないんだけど、「生きててもたのしい事なんてないのかなあ」なんて思っちゃったり。このまま空気みたく生きてくのかなって。

 

2年生になって、クラス替えがあったからそのときは頑張ってクラスに馴染もうとした。グループに入れてもらえて、ともだちもできて、放課後プリクラを撮りに行ったりもして。

 

たのしかったけど、きらわれたくないって思って必死だったし、自分の意見をちゃんと言えなかった。それでも、もう休憩時間の10分を地獄みたく感じるのはいやだった。

 

そんなときに聴いたのが「アゲイン2」。

メロディは明るくてポップな感じなんだけど、歌詞がめちゃくちゃ刺さった。もう、泣いて泣いて、泪が止まらなくなって。「君が君である為に」って歌詞があるんだけど、わたし自分にうそついてばっかりだなあってなって。

 

それから、自分らしくいようって思って。比較的素直に生きるようになった。ともだちといるのも楽になったし、そのときのともだちはそれでも離れていかなかった。やっぱり自分で自分を苦しめてたんだなあって。「アゲイン2」は、変わるきっかけをくれた、わたしを救ってくれた大切な曲なんです。

 

高校・大学はゴーイングマイウェイ過ぎたのでそれはそれでともだちあんまりいなかったけど、それは全然苦じゃなかった。すきなこともたくさんあって、すきなひともたくさんいたから。

 

今は毎日毎日たのしいを更新してる。教室に居場所がなくても、ないからこそ、「あの頃はよかったなあ」なんていうつまんないおとなにならなくて済むとおもう。わたしは戻りたい過去なんてなくて、毎日明日がたのしみで仕方ない。


音楽じゃなくても、必死でもがいてれば思いもよらないところでふわっと救われることがあるっておもってる。もがきながら生きてるひとがすきだな。たのしいことするために必死にもがくの。矛盾してるようで、してないってわたしは思う。中学1年生の頃のわたしは、あれからいろんなひとに出会って、もうすっかり救われたっておもってます。

 

自分の話が長くなっちゃったけど、「アゲイン2」をうたってくれたアラタマミには本当に感謝してる!29歳のラストに聴けて、アラタマミフェスで聴けて、他にもだいすきで大切な仲間たちと一緒に聴けて、ゆずのライブで聴くのよりずっとずっと感動した!

 

そんなふたりがついに婚約。うれしすぎる!先月は、もう一組のだいすきなカップル、ひらめあやも結婚して、すごくすごくうれしい。翌日サプライズでケーキ用意したんだけど、自分の方が泣いちゃった。4人ともめちゃくちゃしあわせになってほしい。

f:id:konatabi:20170827211025j:plain

 

さいごにアゲイン2の歌詞、載せときます。一部だけ抜粋しようとしたけど、どうしても選べなかった。

誰かの勇気になればいいな。

 

君が見つけた勇気の花

色褪せる事なく今も咲き続けてる

躊躇う風が吹き戸惑う雨が降り幾度となく踏み潰されても

決して枯れる事のなかった儚い花

 

それでも些細な願いも届かずに

信じる気持ちも持てなくなる夜もあるでしょう

そんなときはここにおいでそして大声で泣いてしまえばいい

時は流れあの日の悲しみでさえちっぽけだったと想える朝が来る

 

アゲイン 誰もがみんな一人ぼっちを抱きしめながら生きている

アゲイン 泥だらけの靴だって何度でも歩き出せるさ

君が君である為にわずかな光を頼りに

僕と共に行こうアゲイン

 

自分の弱さも認められずに

頑なな心に鍵をかけていた

いつのまにかここにあるものを無くしてしまう恐さに縛られたりもした

そこへ行くよあの日の自分でさえ君となら笑いとばせるさ

 

アゲイン 人は誰も癒えない痛みを胸の奥に抱えてる

アゲイン ひび割れてるグラスの中にも希望を注ぎ込もう

答えなんか無くても 小さな一歩踏み出した

君と共に行こう

 

街の音にかき消されていた夢

冬の空に溶けていった誓い

過ぎていった日々を

受け止められたのなら

明日へと心を繋ぐのさ

 

アゲイン 誰もがみんな一人ぼっちを抱きしめながら生きている

アゲイン 泥だらけの靴だって何度でも歩き出せるさ

アゲイン 人は誰も癒えない痛みを胸の奥に抱えてる

アゲイン ひび割れてるグラスの中にも希望を注ぎ込もう

君が君である為に わずかな光を頼りに

僕と共に行こうアゲイン

新たな旅立ちへアゲイン

アゲイン

 

過去のひとりぼっちの思い出を笑い話にできるようになったのは、ここ1年くらいで出会ったたくさんのひとのおかげ。本当にありがとう。

 

個人的な想いを書いちゃったけど、いいねって思ってくださったら

ポチッとしてくださるとうれしいです。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

 

Facebookでグループを作ってます!わたしに世界一周で行って欲しいところや歴史・すきな映画なんかを教えてください!一緒にルートを考えたり、「これ食べてきて!」なんて話ができるとうれしいです!

会ったことない方でもどなたでも大歓迎です!

https://www.facebook.com/groups/319591311887454/

 

写真のケーキ、プレートに「ひらめあや結婚おめでとう」と「アラタマミ婚約おめでとう」って書いてもらったんだけど、わたしが運ぶ段階で飛び跳ねたりしてたらアラタマミの方完全にクリームに潰されてたよ!( ^∀^)ごめんて!