こなたび〜世界一周準備篇〜

札幌在住29歳。2018年春から世界一周へ行ってきます!準備中の様子や日々のアレコレ。

ナルシストで何が悪い

わたしにとって1番最初に訪れた身近なひとの死が、小3のときの担任の先生。

すごく怖いおばあちゃん先生で、そのときは体罰(といってもげんこつ程度)が普通にまかり通ってたから、怒られると叩かれたりするし、最初は本当に嫌いだった。

 

でも、怒られるのにも理由があって。

わたしのクラスは学級崩壊寸前だったから。

先生は教室がちゃんと機能するようにしてくれてた。

 

そのうちクラスのみんなも、打ち解けて、先生がだいすきになった。そりゃそうだよ、先生は全力でわたしたちに向かってきてくれたんだから。10歳のこどもにも、本気は伝わる。熱い想いで接してくれるのがわかる。

 

そんな先生が、わたしたちがまだ小学生のうちに死んだ。

ちょうど冬休みで、わたしは家族で旅行に行っていたのでお葬式には出られなかった。

札幌へ帰ってきて、留守電に入っていた連絡網のメッセージで

先生が亡くなったことを知った。

 

反射的に涙が溢れて、死ぬってこわいって思った。そのときはじめて、死にたくないって思った。

わたしは今でも、死ぬのがこわい。もう、めちゃくちゃこわくて、たとえばたくさんの孫に囲まれて、痛みもなくて、ホームドラマのワンシーンみたく幸せに死ぬんだとしても、死ぬのはこわいと思う。理由はよくわからないけど。

 

それで、死ぬのと同じくらいこわいのが、自分をきらいになること。

わたしは昔、自分がだいきらいだった。容姿も、性格も。

でも、変わりたくて、変わろう!って決めた。

まず変わるって決めちゃったから、何から変えようかなって思って、とりあえず笑おうってなって。ずっと笑顔のひとってすきだな、そうなりたいなって思ったから、自分もそう思ってもらえるようにちょっとずつ変えてった。

 

最初は無理もして、ほっぺもひきつるし、疲れたりもしたけど

笑顔を自然にできるようになったとき、気がついたら周りのひとがやさしくなってて、すきなひとが増えた。生きるのが楽しくなって、自分のことがだいすきになった。

 

はっきり言います。

わたしは、自分のことがだいすき!だめなところも含めて、全部だいすき。

ナルシストって言われるかもしれないけど、ナルシストってだめなのかな?わるいこと?

自分のことが世界で1番すきなひとがいてもいいし、

自分を全くすきになれないひとがいてもいいと思う。

いろんなひとがいるのがいいよね。

 

わたしは、自分をすきだ!って思えるようになってから世界が変わったから、もうきらいになりたくない。

恋をして世界が色付くみたいな感じなのかな。

もうね、世界はキラキラしてて、自分に1番恋してるよわたしは!

一生自分をすきでいたいから、自分が幻滅することはしたくない。自分をガッカリさせたくない。自分の期待に応えたい。

自分の1番のファンでいたい。

 

今、わたしが1番ワクワクするのは、知らなかったことを知ったとき。

知らない街、文化、ひと、本でしか読んでいない歴史。そんな物事を知ったとき、たまらなく興奮する。

なんも知らないから、知りに行きたい。

景色とか、ひととか、食べ物とか、歴史とか、なんでも知りたい。体感したい!

 

せっかく地球に産まれたんだから、ワクワクするものを見に行きたい。

危険なこともあるかもしれないけど、自分のやりたいことは全部やらなくちゃ。

 

一生自分をすきでいたいから、

わたしは来年世界一周へ行ってきます!

今はまだ、自分の半径何メートルとかの世界しか知らないから。

自分が移動して、知ってることを増やしたい。

いろんなところで写真撮って

世界一のナルシストになってくるね!

 

 ブログランキングに参加してみた!  

下のひとりぼっちでシャチホコに跨ってる写真を見て可哀想に思ったあなた、

または微笑ましく思ってくれたあなた、

ポチッとして下さったらわたしがものすごく喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

 

f:id:konatabi:20170616004907j:plain